全日本RCドリフト競技委員会

ドリフトラジコンカーも実車同様に日本発のモータースポーツとして世界に発信されていますが、その楽しさはメーカーシャーシを自由にチューニングすることから魅せる走りまで、様々な楽しみ方があるのがドリフトならではの特長です。

私たちは車輌規格や審査基準等を明確にし、審査員講習会およびライセンス制度を設け、まずは All Japan E-Drift Championship (全日本選手権)を主軸として日本全国統一ルールを確立させながら全世界にも広めて行く構想をもっております。ドリフトラジコンが国内はもとより全世界で今まで以上に盛んになって行くことを望んでいます。

当協会の結成主旨はドリフトラジコンの普及活動です。その一環として、スポンサー各社からのお力添えをいただきながら全日本選手権や国際競技会を開催し、車輌規格、審査基準の浸透およびドリフトラジコンのステータス向上を図って参ります。

Our Mission
Just as in full-size motorsport, the Japanese origins of R/C drift cars are well known around the world. What makes drifting unique is the enjoyment that comes from building your own unique car, customizing it, showing others how it runs, and more. Drift's unique feature is that there are various ways to enjoy it, from freely tuning the manufacturer's cars to showing drive technique.

We have a plan to go that clarified vehicle rules and examination criteria, established a jury training course and a judge license system, and spread it all over the world while establishing unified rules throughout Japan centered on the All Japan E-Drift Championship.

We hope that Drift R/C will become more popular not only in Japan but all over the world. The purpose of the formation of this association is to promote Drift R/C car. As part of this, we will hold All Japan E-Drift Championship and international competitions with the help of sponsor companies to instill vehicle standards and judging standards and improve the status of Drift R/C.

■R.C.D.C.役員紹介


会長 伊藤 篤
経歴他:
実車チューニングショップWeldの代表取締役社長。美しさと機能性を融合したハイチューンマシンで2015年よりFormula Drift Japanに参戦。監督兼スポッターとしてチームを導き、2020年はシリーズチャンピオンを獲得。RC事業ではハイブランドOVERDOSEを展開し、独創的で機能性にたけた商品を生み出している。また、近年は海外でのRCイベントにも力を入れている。

Chairman ATSUSHI ITO
Career, etc.:
President of the actual car tuning shop Weld. Entered Formula Drift Japan in 2015 with a high-tuned car that combines beauty and functionality. He led the team as a director and spotter and won the series championship in 2020. In the RC business, He launch the high brand OVERDOSE and producing original and highly functional products. In recent years, he has also been focusing on RC events overseas.
副会長 広坂 正美 MASAMI HIROSAKA
経歴他:
RCカーIFMAR世界選手権、18年連続チャンピオン。全日本選手権 優勝53回。 現在は一線級のレースからは退き、2019年以降はIFMAR(イフマー)世界モデルカー協会のチーフレフリー及びプロジェクトマネージャーに就任。現在はフリーで活動し『ひろさか』に所属しながら、RCカーホビーの普及に繋がる取り組みにも尽力している。

Vice Chairman MASAMI HIROSAKA
Career, etc.:
18th consecutive champion of the RC car IFMAR World Championship, victory 53 times of the All Japan Championship. Currently, he has retired from the top rank class race and has been appointed as the chief referee and project manager of the IFMAR (World RC Car Association) since 2019. Currently, he is active as a freelancer and belongs to "Hirosaka", and is also making efforts to promote the spread of RC car.
顧問 小俣 智春 CHIHARU OMATA
経歴他:
日本初の民間シンクタンク出身のコンサルタント。専門分野はコーポレートブランディングやマーケティング。金融機関や自動車メーカーなど、主に上場企業のコンサルティングを手がける。またCertified Financial Planner資格を有し、個人の資産設計相談にこたえている。趣味でドリフトラジコンを行う。

Adviser CHIHARU OMATA
Career, etc.:
Japan's first consultant from a private think tank whose area of expertise is corporate branding and marketing. Her mainly charges with consulting for listed companies such as financial institutions and automobile manufacturers. She is a Certified Financial Planner qualification and offers personal asset design consultations. She is also a qualified financial planner and also consults on personal asset design. She enjoy RC drift as a hobby.

■History

2016年02月 全日本RCドリフト競技委員会 発足
2016年02月  国際競技会のレギュレーションおよび審査基準制定
公認審査員制度導入
2016年03月 審査員資格講習開始
2016年04月 FEMCA プレ・アジア選手権開催
2016年05月 ラジコン体験イベント実施
2016年09月 ラジコン体験イベント実施
2016年10月 FEMCA R/C ドリフト アジア選手権 2016開催
2017年02月 ドリフトラジコンのテクニック検定 「TECHNIQUE MATRIX」開始
2017年02月 ラジコン体験イベント実施
2017年11月 ラジコン体験イベント実施
2017年12月 R.C.D.C. 全日本R/Cドリフト選手権 2017開催
2018年02月 役員変更
2018年04月 IFMAR R/C Drift World Cup開催
2018年11月 総務大臣杯 All Japan E-Drift Championship 2018開催
2019年11月 All Japan E-Drift Championship 2019開催
2020年11月 All Japan E-Drift Championship 2020開催


TOPへ
 
 


 
■2016 Japan R/C Drift Community. All rights Reserved. ■http://rcdc-jp.com ■プライバシーポリシー